ことのはつづり

徒然なるままに

雨に降られて

泣いたらダメだといわれてから、あまり人前では泣かなくなった

たまに汗のような涙がでるときは、朗読を聞いたとき。詳しくは、ストリーテリングだったかな?

そんな時は、感覚がない。


無意識。



気持ちがいい、涙。




雨。


空がやっと泣いてくれた。



今日も雨は無意識の汗のような涙に近い。


魂が磨かれるような、科学的にいうと、生まれ変わりのような。

自らが、生きていることを許してもらうことができたような。


ほっとする雨。


雨の後の晴れた天気は、もっといい。


明日は晴れ。天晴れ。