ことのはつづり

徒然なるままに

愛のピース

あの子が愛のピースだけが、私にはたりないよ

隣で大切な彼がいるのに笑って話すから


私は、ピースさえ、知らないとは明かさない




痛むこころを隠して

大切な宝物にいつかなるように


愛はこの世にも溢れているよと話したいな

だって、こんなにも、大好きな人を思えるようになったんだから

思うだけの妄想恋愛だとしても

痛みは、誰にもあげたくないの