ことのはつづり

徒然なるままに

出逢い

自分がかわいそうだから、泣いてたのかと言われるけど、本当に、傷ついた子どものころのこころが

今開いて、がまんしていたこころがやっと外に出てきた


悲しくても、話会うことのできない親子


一方的に怒られて、泣いては、また、繰り返し


お母さんの機嫌が治るまでただ待ち続けた


小さなわたしは、今、出逢えた人に開いてもらえた


不思議な出逢い