ことのはつづり

徒然なるままに

ともに

自分の言葉なのにあとから打ち消したくなる

そんな戦いをしながら、また言葉を発する

もう何人もの自分との共存共栄