ことのはつづり

徒然なるままに

夢の続き

両親の何気ない一言が
痛くてささくれてたものにふれた
急に左の目から汗のような涙が


過去の執着は手放しなさいと
キーワード



わたし自身




みなおした自分の気持ち


夢のつづきをみてみたいから