ことのはつづり

徒然なるままに

今日という日

どんな言葉も忘れたかのように


ただあなたを想えば
左の目から涙が流れてとまらない


今日という日だからなの