ことのはつづり

徒然なるままに

集まる。からの物語

f:id:rikoniko0311-0321:20151129225033j:plain
f:id:rikoniko0311-0321:20151129225047j:plain

この物語はフィクションです。

花や実はね、
あつまれっー!
ていわなくたってあつまれるんだねー?


ベッドに眠りに入る子ども達。

今日のおはなしはね、昔、わたしが子どもだった頃お母さんから聞いたおはなし。


森の道行く熊たちは、頭に花飾りして、時にはおやつにドングリを食べてあそんでたの。


そして、森の中で集まって、ティーパーティーがはじまったのよ。

でね、?女の子が、そこに招待されてるの。


その女の子はとってもキラキラしていたの。


こっそりのぞいてみていたけど、ぜったい自分にはあのキラキラはない。
かわいい大好きな熊さんだって、そんなキラキラした女の子を嬉しそうに眺めていてね。

隠れて見ていた私にはキラキラはないって、思ったの。大好きな熊さん、キラキラの女の子。

仲良ししてるのが、見てて悲しくなった。
だって。私には何もなかったの。キラキラ感じも美しいドレスも似合わない。振る舞いだってそう。


だから、泣きたくなった。うちに帰って、毎日毎日泣いてたの。

そしてね、あれは、夢。そう、夢だったって。
自分には言い聞かせたんだ。


同じ女の子に生まれたのにこんなにも、分かりやすく違うのは、知らなかったの。


今女の子はどんなきもちかな?



そんな話が浮かんできたさんぽみち。



おかしな世界はこの花や実の美しさのせい。