ことのはつづり

徒然なるままに

思う気持ちは十人十色

f:id:rikoniko0311-0321:20151117003225j:plain

美しいものをみると貴方を思い出すのよ。

目も合わせられず、逃げてばかりいたあたしが、本当に向き合うのはいつ?


涙は正直です。
止まらないのいつまでも。

また、流れてくるよ。


同じ空の下
ひとり私は、あなたしか思えない

少しダサいよね?



でも、これがあたしなんだ


旦那のいるあのこがいくつ恋をしようと、目に焼き付くのは、嫉妬なの?

眠れない夜くらい
あの人を思い出させてくださいね。