ことのはつづり

徒然なるままに

小さな点

f:id:rikoniko0311-0321:20151029165233j:plain

人は宇宙のなかでは小さな点だという


また、男女互いに必要の相手と出会うと、いろいろなことに気づきが早いという。



この意味を考えたとき、私は、男性がひとつの壁だった。

男女格差
私にはその世界観しかない



それは、男はいつか腕をふりあげるもの。
また、毎日嫌がっても無理やりされるなどトラウマ




言葉による暴力


概念は封建的であった



ただ、最近は、人間として向き合える人にであい

少しずつ男女の区別なく思えることができる



セクシャリティーをこえると、枠を越えて幅を広げると少しわかる


実は、この何ヵ月か前まで、わたしは大好きなあこがれの人になぜか、付き合ってと話を二度した。

付き合うも付き合わないもない



ただの外野

僕も人間なんだよ









つきまとったととられてもしかたないし、誰に聞いてもらっても、わたしがおかしく

被害者は、あなただと思う




だから、本当にこころから許してと、何度も何度も思う


妄想で生きていきたかったわたしの汚点



天からの点とは程遠いかもしれないが、
気付きに感謝して

人に対しての愛のあらわしかたを知ろうと思う


まだ愛せていない自分さえも愛すること

まだ救われない自分さえも許すこと




向き合うことに
手放すことに


いつか