ことのはつづり

徒然なるままに

黒い扉

扉の隙間から


まるで廃墟のよう







さよならなんて

いらない場所が




私の中には存在する